マイペースにのろのろやってます。
のびうさ Author:のびうさ
いらっしゃいませ~(^o^)丿
大阪在住中。
よかったらコメント(BBS)等、残していってくださいな★
 
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
どれもこれも初体験
2006-07-26 Wed 10:18
23日の夜とある居酒屋で意識を失いました。
自分でもびっくりです。
もちろん居酒屋で倒れたからといって、アルチュウで倒れたわけではありませんよ。
 食事をしていて、「なんだかおなかに違和感あるな」と思っていたんです。特に食べ過ぎたわけでもありません。食中毒というわけでもありません(同じものを食べていた姉夫婦は元気だったので)。アルコールを飲みすぎたわけでもありません(リンゴ黒酢サワーを1杯と義兄のリキュールを一口)。いつもの私なら全く平気なアルコールの量。お医者さん曰く、丁度体調が悪いのと重なったらしい。
 さて、続きを語ろう。
 やっぱお腹が痛いな~って思ってお手洗いに行きました。出てからもやっぱお腹痛くて、姉夫婦がお会計を済ませるといってたけどまたお手洗いへ。随分帰ってこなかったから心配で姉が声をかけてくれました。で、次の人が待ってるって言われて出ようとした瞬間、身体全身の体温が上がって目眩がして…。お手洗いを出たのは良いが、目の前にもやがかかったように白っぽくなって…大丈夫だからと姉に言いながら店の入り口へと歩いてるつもりが…気がついたら、店の入り口で姉にもたれかかりながらしゃがみ込んでいました。全くその間の意識がありません。「歩いていたのに?どうして、私は入り口にしゃがみ込んでいるの?」という意識がありました。意識の無い間は夢を見ていました。意識が戻ってから何が、現実で夢なのか一瞬分かりませんでした。そのうち、「あ、私夢見てたんだ~」とおぼろげに思ったのですがね。私は、何度も何度も姉に名前を呼ばれながら、意識は戻ってはいるけど、声が出ない。力が入らない。
 「青白い顔してる」って声が聞こえる。私のお腹は再び痛み出したので、ありったけの力を振り絞って「お手洗い行く」って言いました。姉に「まだ入っている人いるからもう少し待って。」と言われ、痛みをこらえつつ待機。それから、中に入っている人が出たということで、再び自力で歩いてお手洗いに向かいました。お手洗いの鏡を見ると、青白い顔をした自分が映っていた。「うわ~ホンマに私青白い顔してる…」と思いました。…やっぱツライ。姉が何度も戸の外から声をかけてくれました。そしたら「救急車が来た」と言われ、そこから出ることに。半ば強制的。その場を出たのはいいが、フラフラで歩けない。また気がついたら私は座り込んでて、救急隊員の人が声をかけている。どうやら意識が飛んでいたようだ。その間もやはり夢を見ていた。また現実と夢の境目が分からなくて…。二度目だから、人は意識を失っている間夢を見てるのだと確信したのだ。「あ~私また倒れたんだ~」とおぼろげに思った。腹は痛む。声を出す力も無い。隊員の声に「うん、ううん」しかいえない。
 私はタンカーに乗せられて、救急車に運ばれた。救急車に乗るのは初めてで、内心嬉しかった。救急車の内装を見ようと思っても目が開かない。周りの声が聞こえるだけ。「一番近い病院で受け入れてくれるとことは…」「4・5分でつきますから」腹痛に苛まれながら、「早く病院に着いて」と思った。「4・5分ってどのくらいよ?」とも思いながら、繭をしかめながら痛みをこらえた。私相当な顔してたんじゃないかな。救急車の中では、年齢・名前・生年月日・今までこんなことはあったか・どういった状態でこうなったのか・妊娠の心配はないかなどを聞かれていたようだ。あと、体温や脈を測られてたきがする。
 病院に着いて、タンカーで運ばれる振動がつらかった。救急救命室のベットに移された。何度も何度も「妊娠の恐れはありませんか」と聞かれ、力も声を出ない状態で質問に答えていった。それからレントゲン室に移って、胸部と腹部のレントゲンをとった。また救急救命室に戻され手首に点滴をうたれた。点滴をうち始めてから、少しお腹の痛みも和らいでいった。私の腹痛は少々波があった。めっちゃ痛いときと、そこそこましなとき。血液検査の結果がでるまで私は放置されていた。その間意識もはっきりしてきて、目も開く力が出てきたので救急救命室を眺めていた。裸眼だったのではっきりは見えないけどね。どれもこれもボンヤリしてた。眼鏡欲しい~と思っても姉は部屋の外だし…。
 点滴の中身が半分ぐらいになった頃、検査結果が出て医者から話を聞いた。身体には異常ないようだ。特に大きな病気にかかっているわけでもないようだ。よかった。結果を言われてから点滴をうち終わるまで亦放置。部屋の中は静か…時間が経つのもゆっくり。今何時なのかぜんぜん分からない。点滴がうち終わる頃、身体に力が戻ってきた。足が動かせるようになった。腕が動くようになった(痺れてるけど)。手のひらにも力を入れられるようになった。
 点滴を取ってくれる看護婦さんに、これからの注意事項を言われ、私は姉夫婦とタクシーに乗って帰った。とにかく姉夫婦に謝ってた(半分笑いながら)。まだ頭がはっきりしなかったし、身体もフワフワしてたし、なんとなくまだふわっとした感じ。姉曰く、かなり焦ったらしい。確かに急に倒れた人にどう接したらいいか分からんよね。


 とにかく、全てが初体験。意識が無くなって倒れるのも、救急車乗るのも、点滴うつのも全て初めて。
スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<福岡へ | のびうさのまったり生活 | 梅雨はいつあけるんだ!?>>
コメント
先週の私と一緒・・・?(・ω・)
なんかね、私もお酒1杯ちょいしか飲んでなかったのに突然酒まわって真っ青なったらしい。
のびうさちゃんより喋れる分マシだったけどD先生に救急車呼ばれかけたり真っ直ぐ歩けないままトイレたどり着いたら知らない人に大丈夫ですかって心配されたり・・・(-ω-;)
2006-08-08 Tue 22:31| URL | にょろこ #-[ 内容変更] |
うゎー大変だったね!!私は本当に自分の体がわからなかったね!不思議で仕方がない体験だった…
D先生がいるってことは飲み会だったのかな?お疲れ様です↓
2006-08-24 Thu 08:41| URL | のびうさ #-[ 内容変更] |
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  • | のびうさのまったり生活 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。